忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



PERSONA -trinity soul- 第1話「特A潜在」



PS2ゲームソフト「ペルソナ3」の10年後が舞台となる
アニメ「PERSONA -trinity soul-」の第1話です。




私は原作プレイ済みなのですが、原作と繋がってるのかな?とも思える所もあったり、
オリジナル路線みたいな所もあったりと今のところよく判らなかったです、
まぁ1話ですしねぇ(笑)

そこで「あれ?原作と関係あるのかな?」と思った所は、
諒が電話で話していた相手なんですが、声が緑川光さんなんですよねEDのキャストクレジットでも
ちゃんと名前が載っていました。
緑川光さんと言えば、「ペルソナ3」では『真田 明彦』役をやっていた方、という事は
諒が電話で話していた相手は真田なんでしょうか?
まぁ声優さんが同じだけでは判断材料にはなりませんがね。

あとは喫茶店のシーンとかで「ペルソナ3」のBGMが流れたり無気力症なども出てきたりと
「ペルソナ3」を知っている方にはニヤニヤする場面が出てきて、
ニヤニヤしてしまうんじゃないんでしょうか?そんな私はニヤニヤしましたよ?(笑)


ペルソナ戦もクオリティ的には結構頑張ってる気がします。
それとは別に原作とは設定が違うようですね、「影時間」じゃなくてもペルソナを出せる事と
媒体の銃で頭を撃ちぬかなくてもペルソナを出せる様です。


そしてやっぱり出てきたイゴール、中の人は当然「田の中勇」さん
このキャラクターが居なくてはペルソナじゃないですよねぇ(笑)まぁイゴールの言っていた事が
このアニメの核心なのでしょうね。


そして慎もペルソナに覚醒、最後に冒頭に出てきた少女が腕が空に
指差していた物はなんだったんでしょうか、大いなる封印を匂わしてるのか。
ペルソナ3と、どれだけリンクしてくるのか判りませんが、まぁ無難な滑り出しじゃないんではないでしょうか。


EDの全員変な頭なのは自分のペルソナを表してるのかな?

PR

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL

PERSONA-trinity soul- 第1話「特A潜在」

10年ぶりに帰って来た神郷慎と弟・洵。 綾凪市の警察署長になった兄・諒と再会するが…。 街では表裏反転して殺されるリバースと呼ばれる...SeRa@らくblog【2008/01/09 19:46】

ペルソナ〜トリニティ・ソウル〜 第1話 「特A潜在」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ  “今、あらゆるものの内なる可能性が、明日が閉ざされようとしています   あなたはもう・・・お目覚めになっていらっしゃる”  舞台は日本海に面した綾凧市での出来事。  そこではある連続事件が立て続けに起こっていた。  今まで離れ離れに暮らしていた神郷の兄弟達はその地で再会するが、謎の連続猟奇事件に巻き込まれれていく。  そして「ペルソナ」という力を覚醒させていく・・・・  神郷慎      CV:岡本信彦  神郷諒      CV:子安武人  ...独り言の日記【2008/01/08 21:13】

PERSONA -trinity soul- 第1話「特A潜在」

ゲームが原作ですね。 ペルソナは何作目かはわすれたけどやったことはあり。 が、アニメ版は最新のP3の世界が舞台のようなので、あまり関係はないかな。 P3は興味があるので何度かプレイしてみようかと考えた時もあったんだけど、 結局やらずにズルズルと・・・メ....よう来なさった!【2008/01/08 19:42】