忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



「僕は友達が少ない」5巻感想



みんなお待たせ! 残念系ラブコメ第5巻が登場!
ある日父・隼人から電話でよくわからない話を聞かされて驚く羽瀬川小鷹だったが、
星奈にそれとなく確認してみたところ、彼女のほうは特に変わった様子もない。
一応気にはなりつつも、隣人部ではいつものように残念な部員たちとの騒がしい日々が続いていく。
遊園地に行ったり温泉に行ったり昨今の娯楽業界を取り巻く情勢的に危険な領域に行ったり、
いろんなところにGO(5巻だけに)!
隣人部の人間関係にも変化がおとずれる、はいてもいるしはいてなくもあり、
ついているようでついてない、大人気残念系青春ラブコメディ、変化と原点回帰の二学期編突入!

あ・・・アレ?男の娘がぁ??
5巻感想です。(ネタバレあり)



毎回ラストに何かしら問題発言や衝撃の事実が判明し、次巻へと進むわけですが、
前巻の4巻で星奈の父親が、小鷹と星奈を結婚させようとしている事を父親から聞き驚く小鷹でしたが、
その話がメインとなると思いきや、あっさりスルー。
たぶん今後の火種にさせる為に、今の所鎮火しておいて後々燃え上がらせるつもりなんでしょうか?

そして今回の5巻は、ほぼ半分以上が遊園地エピソードでした。
夜空と星奈の絶叫コースターでの意地の張り合いやら
その意地の張り合いから来た、久しぶりのヒロインゲロやら
隣人部メンバーって端から見ると「こいつら十分リア充なんじゃねぇ?」と思えるぐらい
遊園地を楽しんでます。

そんないつものテンポで残念な隣人部メンバーの風景が展開していく中
これまで舎弟で男の娘、という位置だった幸村の女の子だったという衝撃の事実が!
この事実を機に心穏やかでない夜空の妨害工作が、なんともいじらしかったりと、
幸村というフラグが立ち、一気に距離が縮まっていく小鷹と幸村という
夏休みの風景がメインな話でした。
それにしても、いまさら「つ い て な い」とはw

次巻は2学期に入りフラグ立てまくりの小鷹と、幸村も加わった隣人部女子との恋はどうなるのか!
そして文化祭エピソードと白熱することは間違いなさそうですが、
小鷹と星奈を結婚疑惑&秘密にしていた夜空と小鷹の幼馴染疑惑がバレそうだったりと
これがこの後どんな影響をもたらすか、次巻の残念ぷりを楽しみに待とうと思います
 

PR

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL

「僕は友達が少ない」5巻

べっ子さんは、20日あたりに手に入れていたのに、なぜか大阪ではきっちり22日発売だったMF文庫でした。21日の日曜にわざわざ林原めぐみHFS1000回突破記念CDを買いに行って、アニメイト、...あるみさんち【2010/11/25 00:19】