忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



「新約 とある魔術の禁書目録」 感想

2011.3.8.00.jpg
著者:鎌池和馬 イラスト:はいむらきよたか

上条当麻不在の世界。彼が命を賭けて守った、様々な人たちの様々な安らかな日常があった。
ローマ正教の暗部『神の右席』最後の一人、フィアンマがロシアから起こした第三次世界大戦は、
上条当麻の活躍により終結した。彼の、消失と共に。
ここは上条当麻が存在しない世界。
魔術サイドは再編・改善がすすみ、信徒たちには安息の日々が訪れていた。
科学サイド総本山の学園都市では、最強の超能力者・一方通行が、『闇』と手を切り、
打ち止めや番外個体と共に騒がしくも穏やかな日常を過ごしていた。そこには『グループ』の影も無い。
元スキルアウトの無能力者・浜面仕上は、ロシアで手に入れた『闇』との交渉材料を懐に、絹旗、滝壺、
そして帰ってきた麦野と共に新生『アイテム』を結成、活動を再開する。
闇からの『卒業生』たちは、平穏を手に入れたのだ。──凶悪な『新入生』が、彼らの前に現れるまでは。

<ネタバレあり>



新シリーズに入り、灰村氏も名前を平仮名「はいむらきよたか」になり
ナンバリングも1からスタートした「新約編」400ページ以上のボリュームで
相変わらず薄くない「とある魔術シリーズ」読み応えあります。
今回はしょっぱなから上条ちゃんいません。
なのでロシア帰りの3人の主人公のうち2人の主人公でもある浜面と一方通行が話を進めます。

まずはその前に
カラー見開きで驚いたのが「3月のらのべぇ~(2)」でも書きました「佐天さん」もそうなのですが
よ~~く見たらその隣に「春上さん」までいやがりますw
158a3621.jpeg
春上さんと言えばアニメ「とある科学」17話で初出20話で転校してきた「春上衿衣」です。
最近の「とあるシーズ」は他の作品や媒体からのリスペクトが多いですね~
今回の「新約」の冒頭で出てきた浜面と滝壺が見ていた映画も、
かまちー原作の「ヘヴィーオブジェクト」ですしw

さて本編に戻って
序盤は学園都市との交渉材料を得て、ひと時の平和を味わう2人。
一方通行はミサカワーストとラストオーダと共に黄泉川、芳川と暮らす日々。
その中でラストオーダの騒がしさがなんだか懐かしくなったり、ミサカネットワークに翻弄されてコミカルな
ミサカワーストが可愛すぎるw
浜面はフレンダを欠いたとはいえ、麦野、絹旗、滝壺と共に「新生アイテム」を作り3人の少女に
使われる日々というか、ハーレムに見えなくもないw
そんな平和な日々を過ごす面々だが科学サイトの暗部から追われている、「フレメア=セイヴェルン」
と出会ってからの急転直下、誰もが予想したとおりの「新入生」と呼ばれている科学サイド暗部との
バトルが始まるわけですが、なんといっても「フレメア=セイヴェルン」→フレンダの妹に納得w
新約の表紙が出たときから、「なにこの幼女フレンダw」とか言われていましたが妹とは・・
クローン辺りなのかな~とも思っていましたが。
 



◆科学
今回の「新入生」は能力+サイボーグといった凶悪な武器を使っていたわけですが
22巻でも出てきたレベル5を使った道具が出て来ましたが、現実も戦争を期に科学が急激に進歩しますが
レールガンを1分間に4000発とかどんだけw科学は日々進歩するですか。
てかまた「木原」関係か。
 



◆フレメア=セイヴェルン
今回の話の鍵でもあるフレメア。
フレンダの妹にも驚きでしたが、前スキルアウトのリーダでもあった
「駒場利徳」の携帯に写っていた少女だったわけで
確かにそんな場面ありましたよね~
 



◆絹旗最愛&黒夜海鳥
確か15巻辺りで垣根帝督と絹旗最愛の会話で「暗闇の五月計画」の被験者という会話があったけど
ここで出すのか~
相変わらずこういう作品設定を節々に出すやり方は「とあるシリーズ」の面白さでもありますね。
 



◆一方通行
どんだけ上条ちゃんの事好きやねんwwwww
 



◆インデックスと美琴
チラっとだけ出て来ましたがこの時の時系列で、2人の視点での話も読んでみたいですね。
 



◆上条ちゃん
世界規模説教少年上条ちゃんの復活!
やっぱりというかなんというか生きていましたね~というか美味しい所持っていきすぎwww
一方通行、浜面、上条の主人公3人がとうとう同じ所に立ったわけですが、
一番心配するのは上条ちゃんの貞操w
一方通行に襲われないかな~とかw
 



◆レイヴァニア=バードウェイ
魔術結社「明け色の陽射し」のボス。
あとがきにも書いてありましたが、本当にやっと合流しましたね~
本編では十八巻辺りにもこの結社に所属する人物も出て来ましたが、電撃文庫MAGAZINEで連載された
ステイルが主人公である話「ステイルSS」で出てきた「パトリシア=バードウェイ」の姉ですね。
この人物側に上条ちゃんが付いたという事でいいのかなぁ・・・
そうなるとイギリスでも有数の力を持つ組織でもあり、
インデックスが所属している「イギリス清教」の「必要悪の教会」とも敵対している組織なわけで、
まぁイギリス清教も腹黒いところもあったしな。(主にローラ=スチュアートが)
 



今まで、主に科学側の人間として魔術側に関わってきた人物が上条ちゃん辺りだけだったのですが
新約に入り、とうとう科学側の一方通行タンと浜面達が、魔術側に関わっていくと感じになるのかな。
今回はとうとうSSのキャラクター達が本編に登場してきたわけですが、
この先もSS側のキャラ達がどんどん出てきそうで、楽しみでもありますねw
アニメの方もそろそろSS辺りに入りそうでもありますが・・・2期でSSやるのか気になりますが、
まずは原作の次巻が楽しみにです!、その前に「ヘヴィーオブジェクト」の新刊が出るのかな。

PR

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL

「新約 とある魔術の禁書目録」 感想・考察

遅くなりました、鎌池和馬先生 著のライトノベル『新約 とある魔術の禁書目録』の感想&考察です。 ネタバレありなので未読の方はご注意下さい。 あとかなり長くなっておりますのでご了承を。 トリガーハッピーエンド【2011/03/12 16:19】

新約 とある魔術の禁書目録

Gジェネ中断して、一気に読みました。新約ってなにが新約なんだろう!+   +  ∧_∧  + (0゜・∀・)   ワクワクテカテカ (0゜∪ ∪ +         と__)__) +続き...あるみさんち【2011/03/12 14:56】