忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



らき☆すた 24話

ごきげんよう、べっ子です。

さて4月から始まった2クールアニメも、そろそろ最終回を迎える作品が
多くなってきた月ですが、先陣を切って「らき☆すた」も最終回を迎えました。

では、らき☆すた最終回レビューです。



らき☆すた 第24話
      「未定」


このアニメが始まった頃、最終回はどうなるのかな?
「卒業式で終わるのかなぁ~」(こなた達の学年設定が原作と違ったため)
と思っていたのですが、文化祭シナリオで最終回になりました。


アニメ最終回だと良くあるのですが
らき☆すたも最終回はオープニングがなかったですねぇ
まぁその訳は後でわかる事になりますがw


こなた達のクラスは「占いの館」をやる事に
それとは別にパティはチアダンスをやろうと提案し・・・


チアダンスの人数集めの為に「平野綾の握手会チケット」でパティに買収されるこなた。
この時期的に平野綾の握手会は・・・「平野綾写真集 H」発売記念のサイン会かな?


そして桂姉妹もみごとに「かがみツンデレ」を発動させた
こなたにより、つかさとかがみも釣られる事にw


ここでも、見事なかがみのツンデレっぷりを発動
今日のかがみは、かがみファンにとっては「萌」だったんでしょう。



こちらはこちらで、つかさファンには「萌」だったのかな?w
で、ゆたかのクラスの出し物は「ヅカ喫茶・風組」
こちらのネタは宝塚歌劇団の「エリザベート」より
エリザベート⇒ゆたか、ルキーニ⇒みなみ、という所でしょうか。

案の定らき☆すたのチアダンス衣装といえばやっぱりコレなんでしょう。
最終話ということで今回はらき☆すたキャラ勢ぞろいで出演
(原作から@二人出てないですがw)

で下の二人も3回目の登場の「ひかげ」と「ひなた」
ゲーム版の声はひかげが「田村ゆかり」さん、ひなたが「能登麻美子」さんだったんだけどなぁ


かがみの衣装は「八つ墓村」から
こなたの衣装は「涼宮ハルヒシリーズ」
アニメ「朝比奈ミクルの冒険 Episode00」「ライブアライブ」の長門有希の衣装
中の制服も北高の制服

今週のらっきー☆ちゃんねるはw

やっとまともに本編に出演したあきら様ですが
結局最後はみのるとケンカして最後のらっきー☆ちゃんねるも終了ww
とここで
みのる「妖怪会に出てればいいのに」のネタは
アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の猫娘の声をあきら様(今野宏美さん)がやってます。



らき☆すたチアダンス FLVer
これが最終回のメインだったんでしょうね。
またこのダンスも「ハルヒダンス」みたいにリアルでやる人いるんだろうなぁ


学園祭本番へ・・・ここで終了
今回だけで見ると、普通の青春アニメ物になってる気がしますがw


でエンディングは、みのるが富士の樹海に行った時の物
歌は『愛はブーメラン』(作詞・三浦徳子、作曲・松田良、歌・白石みのる)

愛はブーメランは「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」の主題歌で
こちらの話も学園祭の話で、今回のらき☆すたの学園祭シナリオだったからなのか
涼宮ハルヒでも思ったけど、京アニはビューティフル・ドリーマーが好きですな。

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー「愛はブーメラン」

で次回は

って次回はないんじゃぁ!!!
TV版の「らき☆すた」は最後あんな感じで終わりましたが
DVD版はなにか変わるのかなぁ、そんな感じの終わり方な気がします。
「らき☆すた」は、このアニメブログを書き始めて初めに書いた作品
(8話からでしたが)
毎回「らき☆すた」のレビューは書くのにかなり時間掛かりましたが
なんとか最終話まで書ききることが出来ました。
最初はこのブログの使い方がさっぱり判りませんでしたが人は成長するものです。
「らき☆すた」は終わりましたが、もうちょっとらき☆すたの方は書き続けるつもりなので
お付き合いください。

原作からの話は
AパートもBパートもアニメオリジナルでした。

スタッフの皆さん、キャストの皆さんお疲れ様でした。
では今日はこんな所で(*´_っ`)ノ

PR

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL

レビュー・評価:らき☆すた/第24話「未定」

品質評価 55 / 萌え評価 48 / 燃え評価 4 / ギャグ評価 18 / シリアス評価 7 / お色気評価 5 / 総合評価 23レビュー数 443 件 いよいよ学園祭の季節が近づいてきた。各クラス様々な出し物を用意しているらしい。「泉こなた」たちのクラスも準備に勤しむことに。そんな中、パティが「思い出作り」としてある企画を先生に持ちかけていた。ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン【2007/09/23 13:04】